第1位 伸芽会

  • 有名小学校の受験を目指すなら確かな実績を持った場所へ

  • 伸芽会は様々な項目でナンバーワンの実績です

  • 伸芽会の入試イベントは受験生に役に立ちます

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

伸芽会には累積100万人以上が受験している全国最大級の伸芽会オープン模試があります。過去の入試分析情報をもとに、最新の入...
伸芽会では、ご家庭で正しい受験準備を行ってもらうために、入試問題集や各種教材を出版しています。毎年、実際に入試を受けたお...
小学校受験を控えていた娘ですが、やはり算数の理解力がやや劣っていました。そこで伸芽会に入ったのですが、独自の教材で娘の理...

名門小学校受験のパイオニア伸芽会

これからの世界を生き抜く力を生みだす伸芽会では毎年、名門小学校受験で多数の合格者を送り出しています。

第2位 こぐま会

  • 1対1の対面形式での学力診断を行うこぐま会

  • 2歳児から小学3年生までの教育のお手伝いをします

  • こぐま会の小学入試対策は3つの指針からできています

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

こぐま会に対するみんなの口コミ

名門小学校への圧倒的な合格率と2歳から小学三年生までの幼少一貫教育の理念を聞いた時最初はスパルタを想像していたのですが、...
娘が来年小学校の受験をしますが、文章の理解力がやや劣っています。そこでこぐま会に通わせることに決めたのですが、独自のテキ...
こぐま会では、入試の対策や集中講座などが行われています。利用料金などは簡単に調べることができますし、コラムや授業風景の写...

小学校受験の正しい知識と教育を知っているこぐま会

こぐま会は2歳から小学校3年生までを対象に教育を行っています。特に就学前のお子様は小学校受験を控える大切な時期ですので、受験へ向けた独自に開発した教育メソッドで合格を目指しています。

第3位 チャイルドアイズ

  • チャイルドアイズの特徴と教育方針に関して

  • 学習を受け入れる力を養うチャイルドアイズ

  • 幼児教育は遊びながら楽しく個性を伸ばす事が大事

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

チャイルドアイズに対するみんなの口コミ

学ぶ楽しさを教えてくれる、読解力、理解力を身につけることができるチャイルドアイズはとても頼れる存在です。子供にどう教育、...
チャイルドアイズは学びの基礎の基礎から教えてくれるので土台がしっかりします。そのため、理解力や読解力が身につき学ぶ楽しさ...
発想力、思考力、想像力、判断力、読解力など様々な能力を身につけることができるのがこのチャイルドアイズです。学ぶ楽しさを教...

あなたのお子さんを希望の小学校に合格させます

チャイルドアイズは数々のお子さんを希望の小学校に合格させた実績があります。今まで培ってきた我々の小学校受験のノウハウを、ぜひ利用してみてください。

第4位 理英会

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

個性を尊重した受験対策を提供している

小学校受験対策を検討している方に向けた塾が理英会です。一人一人の個性をしっかりと尊重し、確実な授業を展開しています。

第5位 ジャック幼児教育研究所

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

教育だけでなく礼儀にも力を入れる塾

多くの塾では教育だけに力を置いていますが、ジャック幼児教育研究所の小学校受験対策は違います。礼儀までにも力を入れており、人間として大きな成長を遂げることが出来ます。

小学校受験のメリット

thumbnail01子どもを持つ家庭の中には私立もしくは国立の小学校を受けさせるという家庭が少なからず存在しています。筆記試験や面接などを突破すればその教育機関へ入学することができます。ただ、子どもに小学校受験をさせる行為にどのようなメリットがあるのか、気になるところなので記述しておきます。一つ目に挙げられるのは、合格すれば高校受験などを受けなくて済むということだと言われています。受験を実施している小学校は大学といった機関に付属していることがあり、その機関へ通わせられます。その際、受験をしなくても進学できるので、公立へ通っている子どもと比べて有利だと言えます。

次は、小学校が掲げているポリシーに沿った教育を受けることができるという点であり、小学校ごとにそれが違っています。画一的な公立の小学校と比較すると子どもの個性を向上させやすいというところで優れています。

学校の先生の指導レベルが維持されたまま、授業を受けることができるところもメリットとして列挙されています。公立の場合は何年かに一度異動が行われるので、指導レベルが変わる可能性があります。ところが、受験が実施されている学校では異動が行われないので、高いレベルの教育であればその教育を受け続けることが可能です。

こどもにあった学校ってどう探すの?

thumbnail02私立小学校などでは入学するための試験が行われていて、その試験に合格することによって通うことができるようになります。実施される科目は筆記試験以外にも面接などがあり、面接といった科目の方が重要視されています。つまり、筆記試験の勉強だけではなく、面接などの対策を講じるのが大切になってきます。ただ、こどもにあった小学校を選ぶことも合格する上では重要だと考えられます。同じ私立や国立でも教育機関によって特徴が違っていて、その特徴と子どもの性格がマッチしていれば合格しやすくなります。

受験させたい教育機関を知るためにも関連のイベントに参加するのが適切だと言えます。それに参加することによって、どのような子どもを求めているのかを理解することができ、相性を考える上で有益です。反対に、高いレベルのところへ行かせたいと考える家庭も存在すると思われますが、レベルが高いかどうかだけで選ぶのはよろしくないとされています。

小学校受験を考えているのであれば、受験当日まで日にちが十分あるうちに子どもが持っている特性を見つけるようにします。その特性と私立もしくは国立が有している特徴を比べることが適した探し方だということができます。

受検ではどんな問題が出るの?

thumbnail03一般的に私立あるいは国立の小学校は受験科目としてペーパーテストが存在しています。受験する子どもはそのテストの問題を解くことになっていますが、中には成年者でも難しいと感じられる問題もあります。もちろん、学校ごとに出題問題の種類は違っていますし、解けなかったからといって合格できないという訳ではありません。ただ、かような難しい問題を解く子どもはいかにも賢そうなイメージがあると思われます。

テストの出題問題は図形に関する問題などがあり、入学を希望している子どもはそれを解けるようにするための勉強を行っているという訳です。インターネット上ではそうした問題が掲載されているので、閲覧することができます。しかし、ペーパーテストで良い成績を取ったからといって必ずしも合格できるとは限らないです。他にも行動観察や面接があり、これらはペーパーテストより重視される傾向があると言われています。

従って、合格するためには行動規範や面接の対策を講じておくことが必要になります。逆を言えば、ペーパーテストで解けなかった問題があるからといって悲観的になることはありません。行動規範や面接を意識して小学校受験の対策を行うようにするのが大切です。

とても大切な「父親」の役割

thumbnail04小学校受験において、父親の役割は、実は母親のそれより何十倍も大切になってきます。普段どの様に子供に対して接しているのか、子育てを母親任せにして、自分は一切関与せずという様な態度を示していないかと言う事が一番気になる要点になって来ます。

イクメンと言う言葉がある様に、最近の日本の社会では、父親がどれだけ育児参加するかをバロメーターにした各家庭の成り立ちを重視しています。一昔前の高度経済成長期の様に、男がバリバリ働いて、母親は家庭を守ると言う家庭図は、間違いではないけれどそれが正論と言う訳ではなくなり、様々な家庭環境が存在する様になり、女性の役割も母親、仕事と多様化し、その分お父さんの育児参加が求められる様になってきました。

もちろん現代でも家庭の方針や、旦那さんの職業などによっては、しっかり家を守っている専業主婦の女性もいらっしゃいます。でもその様に、両親が健在であっても、母親だけの愛情では子供の教育に偏りがあります。両親が揃っているからこそ、父親からの愛情や教育、躾や生活習慣などといった普段の生活の中での関わりはとても大事になって来ますし、その親子の関わりこそが一番小学校受験される学校側にとっては知り得たい事でもあります。包み隠さす普段の生活の中で、お父さんとのコミュニケーションがしっかり成り立っている子供こそが必要とされています。

▲ ページトップへ